京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年07月15日

40にして惑いまくり

「京都みなみい」のいくつかの企画が進行中です。
取材対象の都合で、頓挫しそうなものもあるのですが、
ライターさんが何としても実現したいと頑張ってくれています。
そこで切り口を変え、取材対象が特定されず、迷惑がかからない方向に
軌道修正を行いました。
乗り越える壁が大きいほど、
できあがった記事の反響も大きいと思っています。

また別件では、企画を立てて、下見を行い、取材候補まで選定したのに、
ぎりぎりになって取材候補の変更を命じてしまいました。
打ち合わせまでキャンセルしてしまい、ライターさんに迷惑をかけました。
下見をしたときに、70点の手応えでも進行にOKを出したのはボクである。
そして、ぎりぎりになって70点じゃダメだと思ったのもボクだ。

編集長は、自分が思う紙面を作るためなら、どんなわがままも言っていい。

雑誌を手にしてくれる読者のことだけ考える。
そしてできたものを見せて、作り手を納得させる。
そんな力、ボクにあるのか?

自問自答の繰り返しです。
  


Posted by 寺田鳥五郎 at 20:22Comments(0)

2008年07月15日

取材にかける時間

取材にはどれだけ時間をかけるか。
話を聞いて、撮影をして、平均2時間で終わらせるようにします。

対象者を長時間拘束して疲れさせても、いい取材はできません。
長くこの仕事をしているせいか、2時間以内で済ませることが、
当たり前にできるようになりました。

先ほど、田舎暮らしを実践されている方に取材を申し込みをしました。
快諾してくださり、明日の午前中に時間をとっていただきました。

今回の取材は、話をきくのに2時間、
後日改めて訪れ、撮影に1時間、追加取材に1時間を考えています。
かかる時間も手間も2倍になります。

予算も時間もないのに、なぜか、そうしなければならないと思ったのです。
それだけ情熱をかけているといえば、聞こえはいいですが、
普段の仕事は、熱が入っていないのか? と疑問に思ってしまいます。

熱い思いは大切ですが、冷静さも必要。
情熱と客観を両輪にして、前へ進みたいと思います。
  


Posted by 寺田鳥五郎 at 10:32Comments(0)