京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年08月18日

デジカメが…

コンパクトデジカメが、壊れました。
キャノンのパワーショットS60で、結構高くていいやつだったんですが
突然液晶モニターが乱れて、そのままシャッターを切ると
砂の嵐しか写らない。

調子のいいときにはその症状は出ませんが、
画像に薄い線が何本も入るようになり、
完全に使えなくなってしまいました。

普段は一眼レフしか使いませんが
ちょっとしたものを撮影したり、
万一のときのためにバッグに常備するには
軽くて小さいのが便利です。

慌てて買い換えるつもりはありませんでした。
電池を買いにいった家電量販店で、
なんとなく今はどんなものがあるかなと見ていたら、
展示品限りでパワーショットA590を
1万7000円で叩き売っていたんです。

最近のコンパクトデジカメは、
マニュアル撮影できる機種があまりないので
こいつを逃したら、この価格ではなかなかないでしょう。

でも展示品です。
万引き防止でワイヤーに繋がれていて、
客が乱暴に扱うせいかあちこち傷だらけ。
液晶モニターにも指紋がべったりついています。
すぐに壊れてしまう可能性は大でしょう。

でもね、なんだか、みすぼらしい捨て犬を見ているような気持ちになってきて
おうおう、かわいそうに、お前、うちに来るか?
と思ってしまったんです。そして「これ買います」と言ってしまった。

完全に衝動買いです。
レギュラーの仕事が一段落つきかけていたので、
少し開放的な気分になっていたのかもしれません。

ところがところが、
店員さんがすこし興奮気味にやってきて、こう言いました。
「お客様、実は最後に1台だけ在庫がありまして、
お値段そのままでお買い求めいただけます」

ええ! さらぴんを展示品価格で買えるの?
そりゃあ、そっちのほうがいいに決まってます。
展示品のカメラは、ワイヤーに繋がれたままで、
ボクは箱入りのピカピカのカメラを手に入れたのでした。

展示品よ、すまない。きっとボクよりいい飼い主、
いや所有主が現れてくれるはずだ。
こうして、新しい仕事仲間が増えたのでした。

  


Posted by 寺田鳥五郎 at 18:50Comments(0)