京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年09月10日

α900

相変わらず制作が難航しております。
生みの苦しみというやつでしょうか。
そろそろいろんな企画をオープンにしていきたいと思うのですが、
今日も企画とは関係ない話。

私が愛用しているデジタル一眼レフカメラは、
コニカミノルタのα7という機種です。
コニミノのカメラ部門はソニーに吸収されましたが、
今までのレンズなどは、ソニーαのカメラで使えるので
心配はいりません。

というか、ソニーαから続々と新機種とレンズが発売されており、
万一故障したときのために、もう一台欲しいなと考えているところです。

今日、ソニーのホームページでαのフラッグシップモデルとなる
α900が10月23日に発売されることが発表されました。

今年度中に出ると告知されていたので、そろそろかなと思っていました。

オープン価格なのですが、ソニーのウェブショップでは32万8000円で予約が始まっていました。
さらにカメラのキタムラのウェブサイトでは29万5200円。

カメラのボディに30万…。
プロのカメラマンの多くはキヤノンを愛用されているんですが、
最上級機種は安くても70万円ぐらいしたはずです。

ソニーαはその半額以下なので、安いといえば安いんですが
そう簡単に購入を決断できません。

α900の下の機種のα700は14万円ぐらいなので、こいつが2台買えるとなると、
さらに悩んでしまいます。

撮影は仕事です。カメラも100%仕事でしか使いません。
いいカメラとレンズは、本当にきれいな写真が撮れるんです。
いい写真があれば、仕事のクオリティもアップする。
分かっているんですが、それでも決断するのに悩みまくるんです。

カメラだけでなくて、ストロボもいるしなあ。

とりあえず、取材の合間にカメラ店に寄って、カタログをもらおうと思います。
  


Posted by 寺田鳥五郎 at 18:32Comments(0)