京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2008年11月23日

自然農法を取材

早朝から、木津川市で取材でした。
自然農法を試みようとするグループが
麦の種まきをされるというので、見学してきました。

発起人である農家の細谷さんの奥様が
京都みなみいの創刊号をご覧になって、
メールでお誘いいただいたのです。

この自然農法への取り組みは今回が初めてで、
11月15日から始められ、京都みなみいの創刊日と同じ。
さらに細谷さんの奥様のお誕生日でもあったのです。

本誌の内容も気に入ってくださったのですが
これは何かの運命だろうと、連絡をくださった。

お会いして、少ししか話してませんが、
このグループの活動を密着することを決めました。
これからがすごく楽しみです。

参加者のなかに、合鴨農法でお米を作られる方がいらっしゃり、
その方が作ったお米をいただきました。
そこでボクも、京都みなみいをプレゼントしました。
分野は違えど、一生懸命つくったものを
物々交換できて、とても嬉しかった。

この方にも、いろいろと教えてもらおうと思っています。

午前11時から伏見区で、地域の婦人会が小学校に竈(かまど)の寄贈を
行うというので、こちらの撮影と取材に伺いました。

普段は地域の方や子どもたちが使うのですが、
本来の目的は地震などの災害時に避難所として学校を利用するとき、
炊き出しに使うこと。
地震に関する特集も考えていたので、タイミングよく取材ができました。
来賓でお越しになれていた自治会長さんが、
京都みなみいをご覧になられていて、お褒めいただきました。
そして地域の皆さんにPRして、購読をすすめてくださいました。
本当に有難いことです。

午後から別件の撮影があり、ばたばたしましたが、
久しぶりに充実した一日でした。


いただいたお米。食べるのが楽しみです。  


Posted by 寺田鳥五郎 at 17:44