京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年02月23日

厄年の本領発揮?

久しぶりに書きましたが、愚痴です。

今朝、大幅な修正が入り、
入稿まで時間がないので、必死のぱっちで直したのですが
夕方に再び全面修正の指示が……。

しかもその指示が曖昧なので、
大急ぎでデザインを仮り組みして、確認してもらうために
電話を入れたら、担当者はすでにお帰りでした。
レイアウトに必要な写真データも送ってくださるお約束も
すっかりお忘れのようで。

チェンバル語を習ってみたい、と思いました。

その他にも、いろいろあって、大変です。
ついに、厄年の本領発揮か?
でも、逆境になればなるほど、燃えるんです。
意識したことありませんでしたが、Mなのかもしれません。
  


Posted by 寺田鳥五郎 at 20:06Comments(0)

2009年02月14日

バレンタイン

今日も仕事です。
広報紙の校正が戻ってきて、新しく原稿を2本、追加することになりました。
もちろんこの原稿もボクが書かなければなりません。

先にレイアウトを変更して文字数を割り出し、
それに合わせて記事を書きます。

意外と早くできたので、クライアントに電話をすると、
ポストに入れておいてほしいとのこと。
世間では、土曜は休みなんですよね。

校正紙を届けて事務所に戻り、
京都みなみいの企画を練ろうと資料に目を通していたら
別のクライアントから電話がかかってきました。
資料が揃ったので、軽く打ち合わせをしたいとこと。
すぐに来れないかとおっしゃるので、伺いました。

打ち合わせは特に問題なかったのですが、来週中に校了しなければ
納期に間に合わないことが判明。また、京都みなみいが遠ざかる。

打ち合わせ後に雑談していたら、担当さんから紙袋を渡されました。
資料が入っていると思ったら、チョコレートじゃないですか。
今日がバレンタインであることをすっかり忘れていました。
直接もらうのは、サラリーマンのとき以来かな。
むはは、こういうのもいいもんです。

「月曜に初校をもらえたら嬉しいんですけど」
うう…、前言撤回。
明日も仕事になりそうです。 
  


Posted by 寺田鳥五郎 at 18:47Comments(0)

2009年02月12日

まわりから動きはじめています

京都みなみいに関して、いろんな動きが出ています。

先月末、京都みなみいの読者を名乗る方から連絡があり、
お会いして色々とお話ししました。
その方は、京都みなみいをすごく気に入ったからと、
あちこちでPRしてくれていたのですが、
さらに京都みなみいを応援するために、ブログを立ち上げてくださったそうです。
とても有難くて、嬉しいのですが、誰かに何かをしてもらうのに慣れていないので、
こそばゆいです。

http://gogokyotominame.kyo2.jp:80/

また別の方から、「京都みなみいをブログで紹介しました」というメールをいただきました。
この方はコピーライターをされていて、何かお手伝いできればと申してくださっています。

地元のロータリークラブから、4月の例会で講演してほしい、という案内を頂戴しました。
京都みなみいのPRになるのですから、喜んでお受けしました。

あと、KBS京都ラジオの朝生番組「笑福亭晃瓶のほっかほかラジオ」に
出てほしいとの依頼があり、こちらも出演することにしました。
1週間後の2月18日朝7時15分から、約13分間、おしゃべりします。
電話での出演なので、うまくできるかちょっと心配。
朝の慌しいときですが、よければお聴きください。

急にいろいろと動きだしたのは、多分、次号への導きなのかもしれません。
がんばります。  


Posted by 寺田鳥五郎 at 18:58Comments(0)

2009年02月11日

1カ月ぶりの浮上

お久しぶりです。
気づくと1カ月以上放置していました。
毎日、チェックしてくださっていた皆様、すみません。

144ページの大物を、どりゃーっと
やっつけてやりました。
京都みなみいではなく、食べるための仕事のこと。

まだ印刷会社に出稿したわけではなく、
いくつか校正が戻ってくるのですが、
ほぼ山を越えたといっていいでしょう。

デザインだけだから楽勝と思っていたのですが、
これがかなり大変でした。

特集を3回作り直すという試練にも耐えました。
さらに、「ページが足りないんだけど2ページなんとかならない?」という注文に、
あちこち工夫して何とかやりくりできたと思ったら、その数日後に
「別のページがカットになっちゃって、2ページ余るんだけど何とかなる?」

さらに、ひと通りの修正も終わろうかというときに、
「文字と文字の間が詰まりすぎてるようなんで何とかならない?」
と言われたときには、「お先真っ暗、頭真っ白」になりました。

そんな無理難題にも応えながら、
この仕事を乗りきることができたのも、音楽のおかげです。
今回よく聴いたのは「ポルノグラフティ」と「槇原敬之」。
音楽で自分の世界に閉じこもると、めちゃくちゃ仕事がはかどるんです。
しばらく、両アーチストは聴きたくなくなりましたが。

アイデアばかり思いついて、放ったらかしにしていた
京都みなみいに取り掛かろうと思います。
と言いながら、某タウン誌の制作もはじまっていて、2本の広報紙も控えています。

何とかなるか?何とかしなくては!
  


Posted by 寺田鳥五郎 at 10:17Comments(0)