京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by 京つう運営事務局 at

2009年06月30日

書店回り

今日も書店回りをしました。
書店関係は、2月末までいたO君に任せていたので
「初めまして」と名刺を渡し、長期間預かっていただいていたことのお礼と
定期的に店頭を訪れることができなかったことのお詫びから始まります。

最初に訪れたのが京都タワービル3Fにある「ふたば書房」本店。
創刊号の委託販売を決めてくださったU部長をたずね、
今までの経緯などを話すと、「頑張ってね」と温かい言葉をいただきました。
さらに「社長に会っていくか?」と紹介まで。

創刊してすぐの頃、社長の洞本さんから、突然、電話がかかってきて、
「骨のある雑誌だと思うので、大変だけど頑張ってください」
と嬉しいお言葉をいただいたのです。

一度、お目にかかってご挨拶したいと思っていたので、
ぜひとも、とお願いしました。

年齢はボクと同じぐらいか、それとも少し若いぐらいでしょうか。
とても丁寧で落ち着いた方でした。
気さくにお話ししてくださり、プリンターで出力した2号のコピーを
見ながら、様々なアドバイスをいただきました。

サイズは現状のA4が書店は扱いやすい。
雑誌や本の購入は、値段で決めず、中身で決める。
半年に1回でもいいから、発行サイクルを定着させたほうがいい。
巻頭記事は毎回グルメ関係にしたほうがいい。
さらに、話は盛り上がり、特集企画や広告、販促に関する
アイデアまでいただきました。3号以降に、生かしたいと思います。

次に、紀伊國屋書店MOVIX京都店を訪れました。
店長さんはお休みで、委託販売を担当してくださったMさんと
カウンターで立ち話。束見本を見ていただくと、
グルメの記事を見ながら「私、八幡市なんですよ」とぽつり。
ええ、そうなんですか、と一気に距離が縮まりました。
八幡市のお店を見てもらうと、「地元やのに知らんかった」と嬉しい反応。
2号の委託販売については店長に確認しなければならないが
多分大丈夫でしょうとの返事をいただきました。

続けて、ジュンク堂書店BAL店へ。
残念ながら1冊も売れておらず、ちょっとショック。
しかし、担当のTさんは大変好意的で、冊数は減るものの、
2号も預かってくださることになりました。

どの書店の方も、とても好意的だったので、
いい意味でプレッシャーを感じました。
売れるものを作らなければ、書店や担当者に迷惑をかけるだけ。
「売れてるよ」と書店様に喜んでもらうためにも、
今まで以上に努力したいと思いました。  


Posted by 寺田鳥五郎 at 18:18Comments(0)