京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2008年08月15日

壊れるほど、働いた?

今日も仕事。
丸請けしているタウン誌の制作は、
ようやく先が見えてきた感じ。

今朝、事務所に出勤するのに、家の玄関から出たら、
足の裏に違和感が。

よく分からないので、そのまま歩いたら、
靴底をひきずるような感じがする。
また、米粒を踏んづけたか!

この春、メジロが庭に営巣し、かわいいヒナが4羽孵ったことで
すっかり鳥好きになった母が、スズメやハトを餌付けしている。
パンクズならいいが、冷や飯の残りを
大きな塊で通路の飛び石の上に置いたりするので、よく踏んでしまうのだ。

くそっと思いながら、靴底を見てみると、
靴底ごとベロンと剥がれてしまった。
こんな壊れ方をしたのは初めてで、ちょっとびっくり。

むー、靴を履き潰すぐらい、働いているってことか。
ここまで履いてやれば、靴も本望でしょう。
って、ボクの履き方が乱暴なだけなのかもしれないけど。


こんな壊れ方するか、普通。


Posted by 寺田鳥五郎 at 20:17│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。