京つう

  日記/くらし/一般  |  京都府南部

新規登録ログインヘルプ


2008年08月30日

石清水八幡宮で取材

本日は京都みなみいの取材で、
石清水八幡宮(八幡市)へ。

事務所を出たときには大粒の雨が降っていて
向かう方角の空には暗雲立ち込め、雨足も強くなる一方…。

できれば延期したいのですが
今日の為に色々と調整してくださった先生や
神社をご案内いただく禰宜の方に
再度スケジュールを合わせていただくのは大変失礼。
なので、今日はお話しを聞くだけにした、撮影は後日にすることにしました。

紙面に登場して取材していただくライターさんも事情を理解してくださり、
再度撮影のために足を運ぶことを快諾してくださりました。
これで少し気持ちも楽に。

社務所での取材が終わり、
改修中の本殿などを特別に案内していただき、
修繕にまつわる様々なお話しを伺いました。
いろんなお話しを聞きながら拝観でき、
本当に役得だと思います。
感嘆、感心したことを、しっかり読者に伝えたいと思います。

本殿の見学が終わる頃、雨もほとんどあがったので、
ライターさんと二人で可能な撮影を済ませるために、
境内を散策することに。

すると神社全体が霧に包まれて、幻想的な雰囲気になったんです。
お天気の良いときは気持ちよくて当然ですが、
雨があがったときもなかなかどうして素敵じゃないですか。

しかも、霧がかかった感じと、雨にぬれて湿った草木が
艶っぽくて、いい写真が撮れました。
雨の日のお導きに、感謝します。

取材を終えて気分良く、次の目的地に移動していたら、
携帯に連絡が入り、以前にお願いして延期していた取材が
今すぐならOKだけど、と言われました。
会議への参加を予定していたのですが、
取材を優先することにしました。

ところが、会議の相手の携帯電話の番号が分からない。
最近出会った方なので、メモリーに登録していなかった。
仕方なく、会議が行われる会場に行き、欠席の旨を伝えました。

会場まで行って、出席できませんって、ほんまにアホです。

京都みなみいも少しずつできあがっています。
取材を終えたのに原稿が書けていないのもたまってきたし、
なんだか夏休みの宿題が、たんまり残っているような気分です。



Posted by 寺田鳥五郎 at 18:43│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。